受験を離れ、文章のテーマを感じる

スポンサードリンク


休業宣言ってありますよね?
ある業界で成功された方が、一旦現場を休業し、事業から離れてみる期間。

あなたが
『現代文がまずい!どうにかしたい!』
とずっと考え続けているなら受験科目という現代文から一旦離れてみることもアリだと思います。

煮詰まっているなら、受験から離れてみる。

だからと言って、勉強を全くしないで遊び、テレビを見ていいよとは言っていません。

少し前にこのホームページでも読者の質問をいただくことがありますが、私の書いた文章をそのまま理解しする方がいます。
自分では何も考えずに、そのまま。

私が『受験を離れていいよ!』と書いてあったから、1週間休憩してテレビを見よう!って行動をした。

1週間、受験勉強をしないのは、変なホームページを書いていた太郎っていうやつのせいだ!

なんて考えをする方もいます。

これは、勘弁です(+_+)

受験から離れるは、サボるとは違う

しっかりと細かく書いておくべきだなと思うので書きますが、
『受験という現代文から離れる』
ということは

遊ぶこと、サボることでもありません!

受験にでてくるような回答を求められる試験のような現代文からは離れ、文章(評論・小説)は読むが、設問には一切答えない。
設問を無視するって方法のことです。

なぜか、現代文の勉強というと、問題集を解くことに必死になる方がいますが、現代文で最も大切なことは何度もいいますが、
“文章を理解すること”
です。

もしよければ、あなたの机の前に貼ってある『○○大学に合格する!』という紙の隣に貼っておいても良いと思います。

『現代文で最も大切なことは、文章を理解すること、人を理解する気持ち』
です。


設問には答えずに、文章(評論・小説)を読み、味わい、筆者が言いたい主張(テーマ)を感じてみることも良い方法だと思います。

文章を理解する気持ちがないのに、問題集を何度解いてもお金の無駄使いです。
問題集を何冊買っても同じことです。

それなら、まだ語句、慣用句の参考書を1冊買い、文章を理解する上で大切になる言葉の意味を一つでも覚えた方が良いと思います。

一旦、設問に答えることから離れて、文章(評論・小説)を熟読し、この文章の中で筆者が言いたいことはこれ!と、
テーマを一文に書いてみるっていう練習をすることも大切です。

ちなみに、このページ内で私が伝えたいテーマは・・・
『現代文で最も大切なことは、文章を理解すること。
そのために、一旦受験を離れ、文章を読み、主張(テーマ)を考えるだけの時間を持つことも大切』

ってことでしょうね。

スポンサードリンク