なぜ、志望校の現地へ実際に行くべきか?

スポンサードリンク


先ほどのページの中のチェック項目に
“志望校へ実際に訪れたことがある”
という項目がありました。

行ったことがないけど・・・
行かなきゃダメかな・・・

と思っている方へ

・あなたは見たことも感じたこともない大学を志望校を決めるの?
・全く雰囲気もわからない大学へ行きたいなんて、大丈夫ですか?

と私は思います。

どんな商品でもサンプルを見て、買うかどうか決めますよね?
実際に手に取って、買いませんか?
写真も何も見ずに買うなんて人いないはずです。

何でも実物を見て、決めるはずです

携帯、洋服、靴、バッグ・・・
と、一度は触ってみて、お試しをしてから買うはずです。

大学も同じことです。

実際に志望校を見て、雰囲気を感じて、決めることが普通のこと。
行ったことがないなら、今から行きましょう。

行ってわかることも多いと思います。

そして、行くことで“行きたい気持ち”がもっと盛り上がります。

と、ここで本当に言いたいことをやっと書きます( `―´)ノ
直接行くことの意味を!

行くことで得る最も大切なこと、“イメージできること”

後ほど書きますが、あなたはこの後に大学生になった時のイメージトレーニングをしていきます。

「なりたい自分を思い描く」
「合格するあなたを想像する」

ということです。

願望を達成したいなら、達成した時のイメージをしておくことが必須です。
あなたが行きたい大学のキャンパスにあなたが立ち、スポーツをしている。
同級生とランチしている、もしくはアルバイトの仲間で飲み会をしている
などなど、大学生のイメージを持つことが必要です。

イメージすることで気持ちを維持できるのです。

だから、直接行くべきなのです。

さあ、行きましょう。

ご両親へ
『遠いけど、大学の雰囲気を味わいたいから電車代をいただけますか?』
と素直に言いましょう。

すぐに動く人間が勝てる人です。

スポンサードリンク